2020/05/04(月) ホイールの手組

ホイールの手組に挑戦!!
(仮組まで)
次回も組む事が有るかもしれないので
覚え書きで~す

揃えた部品は

リム
MAVIC OPEN PRO 700C クリンチャーリム 32H 2本

フロントハブ
SHIMANO DeoreXT HB-T780 32H

リアハブ
SHIMANO DeoreXT FH-T780 32H

スポーク
DT SWISS champion spok 2.0mm 292mm 16本
DT SWISS champion spok 2.0mm 294mm 48本
本当は「スポーク長計算CGI参号機 - 組まないか -」
http://spoke.gzmapss.com/
を使用して出た値は
フロント 294.849mm
リア(右) 292.509mm
リア(L) 293.893mm
だったけど、家に余っていたスポークが
使えそうな長さだったので使用しました
2020050401.jpg

組み方は、32穴の6本組(3クロス)のイタリアン組みです

まずフロント右側から
バルブ穴からハブのロゴが見えるように(お好みで)
一本目スポークを通す穴を決めます

ロゴ横の穴から下に向かって4個目の穴に
外側からスポークを通します
2020050402.jpg

リム側はバルブ穴の左側1個目の穴に通します
ニップルは仮止めにしておきます
2020050403.jpg
二本目のスポークは右に向かって1つ穴を飛ばして
外側から通します
2020050404.jpg
リム側は
右に向かって3つ穴を飛ばします
2020050405.jpg
後は繰り返し、全部で8本通します
2020050406.jpg

フロント左側
ひっくり返してハブを見ると
穴が少しズレているます
右側の穴に外側からスポークを通します
スタートは、どこからでもイイです
2020050407.jpg
リム側は下のスポークの右側の穴に通します
2020050408.jpg
二本目は
ハブ側は右に向かって1つ穴飛ばし
リム側は右に向かって3つ穴飛ばし
2020050409.jpg
8本通したらハブを右に回します
2020050410.jpg
2020050411.jpg
バルブ穴からハブを覗くとロゴマークが見えます
2020050412.jpg

フロント右側に戻ります
バルブ穴から真っ直ぐにあるハブの穴に
内側からスポークを通します
2020050413.jpg
リム側はバルブ穴から左に向かって
7つ目の穴に通しますが、
注意が有ります
5番目のスポークの下を通して下さい
2020050414.jpg
2020050415.jpg
二本目のスポークは右に向かって1つ穴を飛ばして
内側から通します
リム側は
右に向かって3つ穴を飛ばします
スポークの下を通すのを忘れないで下さい
2020050416.jpg
8本通し終わったら

左側です
バルブ穴から真っ直ぐにあるハブの穴に
内側からスポークを通します
2020050417.jpg
リム側はバルブ穴から右に向かって
8つ目の穴に通します
スポークの下を通すのを忘れないで下さい
2020050418.jpg
二本目のスポークは右に向かって1つ穴を飛ばして
内側から通します
リム側は
右に向かって3つ穴を飛ばします
スポークの下を通すのを忘れないで下さい
2020050419.jpg
8本通したら終了です

バルブ穴の上でスポークが
クロスしていない事を確認
2020050420.jpg
ココが開いていないと空気を入れる時に
チョコっと不便なので

リアも組み方は同じですが
フリー側は短いスポークを使用します
2020050421.jpg

フロント、リアの仮組が終了♪
2020050422.jpg
次は本締めして振れ取りですが
コレが一番の難関だよね・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント